日本郵船/船舶IoTの次世代プラットフォームの共同実験に成功

2018年02月15日 

日本郵船とMTI、日本電信電話(NTT)、NTTデータは2月15日、NYKグループの内航船「ひだか」で船舶IoTの次世代プラットフォームに関する実証実験に成功したと発表した。

<次世代プラットフォームの概念図>

NYKグループでは、安全・効率運航への取り組みの一つとして、運航状態、機器状態などの詳細な船舶データをモニタリングし、船と陸上で情報共有するためのパフォーマンスマネージメントシステム「SIMS」の開発を進めてきた。

昨年9月からは4社連携の下、NTT研究所のエッジコンピューティング技術を応用し、船上に設置したSIMSに新機能やアプリケーションを陸上から遠隔で配信・管理する仕組みを付加した次世代プラットフォームを開発してきた。

配信実験は、インフラ設備のIoTソリューションなどで実績のあるNTTデータのIoTプラットフォーム「ANYSENSE」を用いて、実施した。

プラットフォームは、日本舶用工業会が中心となって取り組んできた船舶IoT分野に関する国際標準規格化に対応しており、さらに収集したデータは船上で活用するだけではなく、日本海事協会が設立したシップデータセンター(ShipDC)にも送信・蓄積されることで、海事業界で推進している船舶IoTオープンプラットフォームでの利用も可能になる。

今後は、NYKグループの外航船でも実証実験を行う予定。引き続き4社で連携し、船舶の安全性・経済性の追求、環境への取り組みおよび国際的な競争力の強化のため、海事産業のイノベーション創出を目指す。

最新ニュース