ユニチカ/産業資材・衣料用合成繊維値上げ、物流費などの高騰も一因

2018年02月15日 

ユニチカは2月15日、産業資材と衣料用合成繊維(ポリエステル、ナイロン)について、3月1日出荷分より価格改定することを決定したと発表した。

昨今の原油価格の上昇により、ポリエステル繊維の原料である PTA(高純度テレフタル酸)、EG(エチレングリコール)及びナイロン繊維の原料である CPL(カプロラクタム)の価格が上昇、さらに物流費などの高騰によるコスト増が、自助努力により吸収できる範囲を超えていることから、製品の安定供給を確保するため、価格改定を実施するもの。

■概要
対象製品:ポリエステル繊維、ナイロン繊維
改定幅:ポリエステル繊維:20円/kg
    ナイロン繊維:40円/kg
実施日:2018年3月1日出荷分より

最新ニュース