JR貨物/1月のコンテナ貨物輸送量0.2%減

2018年02月15日 

日本貨物鉄道(JR貨物)が2月14日に発表した1月の輸送動向によると、コンテナ貨物の輸送実績は164万8000トン(前年同月比0.2%減)、車扱は94万6000トン(5.5%増)となった。

今月は、中旬から下旬にかけての大寒波の影響で、新潟、関東、北海道など各地で大雪となり、月全体で高速貨350本、専貨4本が運休した(前年は、高速貨207本、専貨12本が運休)。

コンテナは、積合せ貨物が東海道・山陽線の沿線における中長距離帯において、ドライバー不足により鉄道利用が増加した。自動車部品は東海・九州地区間での輸送が順調に推移し、食料工業品はビールが東北・関西管内等で好調となり、砂糖も29年産のビートが豊作であったため、前年を上回った。

一方、紙・パルプは需要減少に加え、雪害による運休・マシン故障等もあり、特に新潟・東北地区発で大きく減送となった。農産品・青果物は全国的に民間流通米輸送が落ち込んだほか、北海道産の玉葱も雪害による運休で低調に推移した。

一部工場の設備不具合等の影響を受けた化学工業品が前年を下回り、コンテナ全体では前年比0.2%減となった。

車扱は、石油が気温低下に伴って特に灯油の需要が増加したことに加え、配送圏の見直しにより鉄道へのシフトが進んだことから、好調に推移した。その結果、車扱全体では前年比5.5%増となった。

コンテナ・車扱の合計では、前年比1.8%増となった。

最新ニュース

物流用語集