カネカ/発泡ポリスチレン樹脂を値上げ、主原料の高騰、物流費上昇も一因

2018年02月14日 

カネカは2月14日、発泡ポリスチレン樹脂(カネパール)の販売価格を改定すると発表した。

3月1日出荷分より現行価格に対しキログラム当たり20円の値上げを実施する。

世界的な景気拡大と原油価格の高水準での推移を背景として、発泡ポリスチレン樹脂の主原料スチレンモノマーの価格が上昇。

物流費やユーテリティ・コストも上昇しており、収益を圧迫する要因となっていることを値上げの要因としている。

最新ニュース