シーネット/タイ・マックスCS社へ多言語版WMS導入事例配信開始

2018年02月13日 

シーネットは2月13日、タイで初めての三温度帯管理による倉庫事業を実現したタイ・マックス・コールドストレージ社への多言語版倉庫管理システム導入事例を載せた「ci.Himalayasシリーズ導入事例集」第18弾をWEBにて配信開始した。

最新導入事例として、タイ・マックス・コールドストレージ社(タイ・マックスCS社)への多言語版倉庫管理システムの導入事例を掲載している。

タイ・マックスCS社は1990年にタイへ進出し、コールドストレージ事業を展開している。

当時、冷凍・冷蔵倉庫がほとんど普及していなかったタイでは三温度帯管理に対応したシステムを導入する事が難しかったが、タイ・マックスCS社は日本品質のWMSを導入することによって、タイで初めての三温度帯管理による倉庫事業を実現した。

WMSシステム導入前はケースとピースでの管理だったが、システム導入後は商品マスタの設定により、ボールとバラを追加した4荷姿による管理が可能になった。

日付管理も標準機能で利用できるようになり、さらに、製造バッチ(工場製造情報)を追加する事で、同一賞味期限商品の細かな管理を実現した。

タイ語で運用できるWMSの導入により、現地スタッフによる管理精度の向上とヒューマンエラーの大幅な軽減を実現したとしている。

■事例集ダウンロード
https://www.cross-docking.com/inquiry/download/ 

最新ニュース