ゼロ/7~12月の売上高1.2%増、営業利益28.0%減

2018年02月09日 

ゼロが2月9日に発表した2018年6月期第2四半期決算によると、売上高385億5900万円(前年同期比1.2%増)、営業利益19億2900万円(28.0%減)、税引前利益19億2300万円(27.8%減)、四半期利益9億6900万円(39.2%減)となった。

グループは、各セグメントにおいて市場環境の変化に対応した戦略的な営業活動を推進するとともに、新規事業の開拓や付加価値の高いサービスの創出に努めてきた。また、法令順守の取組みやグループシナジーの強化に向けた活動、輸送改革、働き方改革にも引続き取組んでいる。

通期は、売上高807億円(2.0%増)、営業利益54億円(4.1%減)、税引前利益53億3000万円(4.3%減)、当期利益33億1000万円(4.2%減)を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集