センコーGHD/4~12月は、外注費増などで減益

2018年02月09日 

センコーグループホールディングスが2月9日に発表した2018年3月期第3四半期の業績は、売上高3730億800万円(前年同期比8.5%増)、営業利益133億4600万円(6.5%減)、経常利益134億6600万円(6.7%減)、当期利益74億3500万円(2.7%減)となった。

利益面は、既存顧客の物量減少、傭車費をはじめとする外注費や燃料価格の上昇、退職給付債務に係る数理計算上の差異によるコストアップなどがあり、減益となった。

国内では、4月に海運事業のさらなる拡大を進めるため、JX金属グループの海上輸送を手掛ける「日本マリン」ならびに「栄吉海運」を、10月にはグループ車両勢力を増強し、事業拡大を図るため、神奈川県を拠点に関東地区で貨物自動車運送事業などを営む「安全輸送」をグループに迎えた。

物流センターは、中部地区の物流機能強化を目的に、4月に三重県四日市市の「四日市第2PDセンター」を、7月には愛知県大口町の「新小牧PDセンター」を稼働した。

また、12月には広島市の「広島PDセンター」を稼働し、中国地方の物流機能を強化した。

さらに、東日本地区では大手ドラッグストア関連物流の業務拡大を図るため、6月に埼玉県嵐山町の「嵐山物流センター」を、9月に青森県で初の物流拠点となる五所川原市の「青森物流センター」を、10月に静岡県富士市に「新富士PDセンター」を稼働した。

海外では、4月にシンガポールを拠点に国際航空・海上輸送事業などを営むSkylift Consolidator(Pte)をグループに迎え、物流ネットワークの拡充と営業基盤の強化を推進している。

ベトナムでは、現地法人がホーチミン近郊で日系企業のフォワーディング業務を5月から本格的に開始し、韓国では、10月に釜山新港で2棟目となるNH-SENKO物流センターを稼働した。

通期は、売上高5000億円(9.8%増)、営業利益180億円(5.4%増)、経常利益183億円(5.8%増)、当期利益99億円(10.6%増)を見込んでいる。

最新ニュース