東電物流/プラスチックパレットンタル事業を開始

2018年02月08日 

東電物流は2月8日、新規事業として「プラスチックパレットレンタル事業」を2月1日から開始したと発表した。

<プラスチックパレットレンタル事業スキーム>
プラスチックパレットレンタル事業スキーム

パレットメーカーと提携し、電力用資機材メーカーの製品保管・輸送用パレットとしてリユース性能を有する製品を提供することで、パレット不足の解消、環境負荷低減、輸送コストの低減に協力するとしている。

東電物流は2002年4月から「電線用ドラム(プラスチック製)レンタル事業」を実施しており、これにより培ったノウハウと自社輸送スキームを「プラスチックパレットレンタル事業」に活用する。

当面は、東京電力パワーグリッド向け配電用品取扱いメーカーを対象に事業展開を行い、従来の木製パレットに比べ、「耐久性の向上」「在庫管理・紛失リスクの削減」「パレット回収費用等物流費の低減」といった付加価値とともに、スケールメリットを生かした魅力的な価格での提供に取り組む。

■プラスチックパレットサイズ
1100mm×1200mm
1100mm×1100mm
その他希望サイズ

最新ニュース