UPS/米国からドバイへの直行便を新規就航

2018年02月06日 

UPSは2月6日、米ケンタッキー州ルイビルにある同社のグローバル航空ハブ拠点「WorldportR」から、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイへの直行便を開始すると発表した。

これにより、米国から中東の主要仕向地までの配達時間が、最大1営業日短縮される。同フライトには、UPSの最新貨物機B747-8Fが投入される。

今回の新規便就航は、UPSのスマート・グローバル・ロジスティクス・ネットワーク構築の一環であると共に、UPSが「2020年ドバイ国際博覧会」で、公式ロジスティクスパートナーの役割を担う計画の一部となる。

ルイビル~ドバイルートは、UPSの定期航空貨物便の中で最長となる約1万2400キロメートルを飛行する。これは従来よりも貨物積載量が大きく、長距離運航が可能な747-8F型機の投入により実現したもの。

現在、同ルートは週1便で運航されているが、2018年2月27日より、火曜~土曜の週5便運航となる。

今回の就航は、「2020年ドバイ国際博覧会」とその先を見据え、ドバイを仕向地または経由地として出荷する顧客にサービスを提供するためのキャパシティ、テクノロジー、スタッフ体制の確立を通じて、UPSがISMEA(インド亜大陸・中東・アフリカ)地域本部を置くドバイでのプレゼンスの拡大を目指す計画の一環。UPSは1989年から同地域で業務を行っている。

UPSインターナショナルのジム・バーバープレジデントは、「UAEは米国の全50州と交易しており、今や米国にとって中東における最大の輸出先。ドバイの世界貿易ハブとしての重要性は、日々高まっている。今回の直行便就航により、当社の小口貨物エクスプレスおよび一般航空貨物は、従来よりも1営業日早い配達が可能になる。これは、UAEおよび中東地域の急速に発展を続ける産業や商業の分野で取引を行う企業にとって、成長の可能性を大きく広げるもの。新規就航は、日々世界の国内総生産(GDP)の3%に相当する貨物を輸送するUPSのスマート・グローバル・ロジスティクス・ネットワークが、拡大する国際貿易需要に対応するため、進化を続けている事を示している」と述べている。

最新ニュース

物流用語集