トレックスエッジ/京都府与謝野町とIoTを活用した物流効率改善実験開始

2018年02月05日 

トレックスエッジは2月5日、京都府与謝郡与謝野町と共同でIoTを活用した物流効率改善のための共同実験を開始し、業務で町内を走行する車両の位置情報の収集・分析を始めたと発表した。

トレックスエッジは、LoRaWANネットワークを活用して与謝野町内を走行する車両の位置情報を緯度・経度や地図で照会するWebサービスを開発した。

収集した情報を利活用することにより、例えばセンサーを用いて町営バスの乗車・積載の状況を検知して人と物を混載するなど、新しい物流網の整備が可能になる。

トレックスエッジと与謝野町は今後、 AIやIoTなどの最新技術を用いてネットワーク経由で収集した情報を有効に活用する「スマートビレッジ」の具現化に向け、共同で実地実験を進めていく。両者は農業や物流の新しいしくみを構築し人や物の流れを促進することで、地域全体の所得向上を目指す。

与謝野町は、先人たちが築いてきた伝統や文化、基盤を受け継ぐとともに、農業や物流の新しいモデルを構築するために産官学民連携の「与謝野町スマートグリーンビレッジ確立協議会」を2013年度に立ち上げた。現在は、委員からの新しい発想を大胆に取り入れ、未来に向けたまちづくりに積極的に取り組んでいる。

関連記事

最新ニュース

物流用語集