伊藤忠ロジ/インドネシア現法が第二物流センター開設

2018年02月02日 

伊藤忠ロジスティクスは2月1日、インドネシア現法である PT. ILC LOGISTICS INDONESIAが、1月31日にインドネシア スルヤチプタ工業団地内に第二物流センターを新たに開設したと発表した。

<外観>
外観

新物流センターは、床面積6541m2、梁下10m、平米あたり4tの床荷重まで積載可能となっており、重量物の保管に適した設備を有している。

隣接する第一物流センター、他の物流拠点と併せてインドネシア国内物流拠点は、3万7000m2を超える規模となり、今後、重点分野である「食品・食材」「自動車」「医薬品」「生活消費財」を中心に顧客との取り組みを拡大していく。

重点施策である「コールドチェーン」、「Eコマース」についても成長を続けるインドネシア市場の動向に合わせて更なる機能強化を進めていく。

■概要
所在地:スルヤチプタ工業団地(インドネシア西ジャワ州カラワン県チアンペル)
ジャカルタ中心部から東 約55km
構造:鉄筋コンクリート平屋(梁下10m・床荷重 4t/m2)
床面積:6541m2
主要設備:ドックレベラー5機
開設日:2018年1月31日

最新ニュース