安田倉庫/インドネシアに現地法人設立

2018年02月02日 

安田倉庫は2月2日、インドネシア資本との合弁で、インドネシア共和国ジャカルタ市に現地法人「PT.Yasuda Logistics Indonesia」(新会社)を設立、3月1日より営業開始すると発表した。

安田倉庫は2012年にジャカルタ駐在員事務所を設立し東南アジア圏の物流サポートに注力してきた。

同国におけるフォワーディングサービスへの更なる需要の高まりを受け、今般、新会社を設立したもの。

インドネシアを含む東南アジア域内でのロジスティクス需要に確実に対応し、今後も海外ネットワークの拡大を図っていく。

■施設の概要
会社名:PT. Yasuda Logistics Indonesia
所在地:Plaza Sentral Floor 5A Jl. Jend. Sudirman NO.47Jakarta, 12930
設立日:2017年12月20日
事業開始日:2018年3月1日(予定)
事業目的:国際フォワーディング業、通関業
資本金:100万USドル
出資比率:安田倉庫(日本) 67%、PT. Multisarana Bahteramandiri (インドネシア)33%

最新ニュース

物流用語集