ESR/物流施設内に総合人材サービス会社の支店を開設

2018年02月02日 

ESRは2月2日、売上規模世界第2位で、特に製造・物流系人材に強みのある総合人材サービス会社・ランスタッドと1月22日付で業務提携し、テナント企業の労働力不足解決へ取り組むサービスを提供すると発表した。

<(左)ESR スチュアート・ギブソンCEO (右)ランスタッド日本法人の カイエタン・スローニナ会長兼CEO>
(左)ESR スチュアート・ギブソンCEO (右)ランスタッド日本法人の カイエタン・スローニナ会長兼CEO

<ランスタッドの支店を開設するESR市川DC>

1月末竣工予定のマルチテナント型施設「ESR 市川ディストリビューションセンター(ESR市川DC)」にテナント企業の人材供給を専門で実施するランスタッドの支店を開設する。

ランスタッドは物流・製造系人材に強みがあり、人材派遣、スポット派遣、ドライバー派遣、採用代行などサービスメニューも豊富。

テナント企業の人材募集から採用・労務に関する業務全てをESR市川DC内のランスタッド支店に委託することで、テナント企業は人材業務に煩わされることなく、本業ビジネスに注力できる。

施設内にESR 専属チームが常駐することで、ニーズへの深い理解と迅速な対応が可能となり、地域や業種特性に合わせた人材採用と密接なフォローで定着率の改善が期待できる。

マルチテナント型のESR 市川DC 内で人材を活用することができ、各テナント企業の繁閑に応じた人手の増減に柔軟・迅速な対応が可能となる。テナント企業は社員・自社パート・アルバイト・ランスタッド派遣スタッフの活用が可能となる。

ランスタッドが開発したスポット専用アプリの活用でマッチングのスピード化・ユーザーの利便性を向上。ワーカーが市川DC を特定した人材登録をするため、人材確保とリピート採用がし易くなる。

派遣就労スタッフはランスタッドを通じ、ESR 市川DC 内の様々な就労案件を紹介・就労される機会が提供されることから、就業場所や雇用の安定、人材育成にも繋がると想定される。

ランスタッド・グループは、人材派遣をはじめ、人材紹介、インハウスやプロフェッショナルサービス、RPO(採用代行) を含む人材ソリューション等、多岐に渡る人材サービスを提供している。

グループはオランダ、アルゼンチン、ベルギー、ルクセンブルク、カナダ、チリ、フランス、ドイツ、ギリシャ、インド、イタリア、メキシコ、ポーランド、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリスおよびアメリカではトップ3以上の地位を、またオーストラリアおよび日本では主要な地位を確立している。

2016年末時点で、世界39の国と地域の4752の支店やインハウス・ロケーションに3万6524名の従業員を擁しており、2016年は約207億ユーロの売上を上げている。

1960年に設立されたランスタッドは、オランダのディーメンに本社を置き、NYSEユーロネクスト・アムステルダムに上場している。ランスタッドは、日本全国に136拠点を有し、総合人材サービスを提供している。

■施設概要
名称:ESR 市川ディストリビューションセンター
所在地:千葉県市川市二俣678-55他
敷地面積:10万2244.47m2
延床面積:22万5007.02m2
竣工日:2019年1月末(予定)
アクセス
車:東関東自動車道湾岸市川ICより3.0km
  首都高速湾岸線千鳥町ICより4.3 ㎞
  京葉道路原木IC・船橋ICより1.8 ㎞
電車:JR京葉線二俣新町駅より徒歩8分(0.6km)
   JR総武線・京成電鉄西船橋駅より徒歩20分(2.2km)

最新ニュース

物流用語集