SBSHD/2018年度の安全スローガン決定、応募総数6220件

2018年02月02日 

SBSホールディングスは2月2日、従業員ひとり一人が安全意識を常に持ち事故ゼロを目指すため、2018年度SBSグループ安全スローガンを決定し発表した。

<2018年度SBSグループ安全スローガン>
2018年度SBSグループ安全スローガン

<最優秀賞の荒井正徳氏(写真右)>
最優秀賞の荒井正徳氏(写真右)

今年度のスローガンは「幸せを 無事故で運ぶ プロの技」。1月4日のSBSグループ新年会で発表および授賞式が行われ、755名の参加者全員で新スローガンを唱和した。また、入選した12作品では、今年度から新たに設けた月間スローガンとしての採用が決定した。

安全スローガンは、今年一年間グループ全事業所にポスターとして掲示するほか、グループウェアや社内刊行物への掲載によって周知徹底を図る。SBSグループは、今後も事故ゼロをめざす安全啓発活動を継続的に実施していく。

SBSグループでは、運輸安全マネジメントに基づく安全啓発活動の重要な施策のひとつとして、「安全スローガン」を毎年定めている。安全スローガンは、SBSグループの物流品質を統括する物流品質管理部が事務局となり、毎年10月からグループ全従業員を対象に公募。

一次審査、二次審査を経た最終26作品の中から、イントラネット内の投票システムによるグループ従業員の投票によって安全スローガンを決定している。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集