フレクト/リアルタイム車両管理に車載デバイスのレンタルプランを追加

2018年02月01日 

フレクトは2月1日、より手軽にリアルタイム車両管理「Cariot(キャリオット)」を導入したいという顧客の要望を受け、「シガーソケットタイプ」「ドライブレコーダータイプ」、2種類の車載デバイスについてレンタルプランの提供を開始した。

<Cariotレンタルプラン デバイスプラン>
Cariotレンタルプラン デバイスプラン

車載デバイスの初期導入コストの負担が減り、月々での支払いによるCariotの導入が可能となる。

適切な車両管理運営をし、保有車両数の削減を目指す顧客にとって、さらに導入・利用しやすくなる。

リアルタイム車両管理「Cariot」とは車両にデバイスを差し込むだけで、インターネットやクラウドにつながるアプリケーション。

クルマの幅広いデータの取得ができるため、属人的な管理に頼ることが多かった車の情報を可視化し、そのデータを元にコンプライアンス強化、安全性向上、コスト削減や業務効率化をすることができる。

2015年秋より営業車両やバスの運行管理で利用実積を積み重ね、2016年から建設・物流業務を中心に「作業の効率化」や「コスト削減」の目的で利用されている。

幅広い業界での導入数の増加を踏まえ、ビジネスアプリケーション世界最大のマーケットプレイス「AppExchange」に公開、提供している。

■レンタルプラン料金概要
シガーソケットGPSロガータイプ
EM1
デバイス本体:1200円(購入価格3万7000円)

ドライブレコーダータイプ
HDL-900
デバイス本体:2760円(購入価格7万9000円)

オプション
インカメラ:480円(購入価格1万4420円)

MVT-100NET
デバイス本体:2200円(購入価格5万5000円)

最新ニュース