インドネシアヤマト/フォワーディング事業の合弁会社を設立

2018年02月01日 

インドネシア現地法人PT. Yamato Indonesia(インドネシアヤマト)とPT. Multisarana Bahteramandiri (PT. MB) は、インドネシアで合弁会社「PT. Yamato Indonesia Forwarding(インドネシアヤマト・フォワーディング)」を設立した。

ヤマトグループは2013年9月に、100%子会社であるインドネシアヤマトを設立し、コンサルティングライセンスを基に事業を行ってきた。2016年5月に外資規制が緩和され、フォワーディング事業およびロジスティクス事業に関連する外資比率の上限が67%まで拡大したことを受けて、この度PT. MB社とフォワーディング事業に関する合弁会社を設立する運びとなったもの。

今回の設立により、今後輸出入貨物の取扱を拡大し、インドネシアにおける事業成長の加速を図るとしている。

■新会社の概要
名称:PT. Yamato Indonesia Forwarding
(日本語表記)インドネシアヤマト・フォワーディング(株)
資本金:200億ルピア(1億6800万円)
株主:インドネシアヤマト67%(134億ルピア/1億1300万円)、PT. MB33%(66億ルピア/5500万円)
事業内容[1] フォワーディング事業 [2] 海外・国内引越事業
住所:Kompleks Pergudangan Soewarna Unit E6
Soewarna Business Park Block B Lot 7-8
Soekarno Hatta International Airport, Tangerang, 15126, Indonesia
TEL:(+62) 21-559-11-222
ファックス(+62) 21-559-11-668
会社設立日:2017年10月
営業開始日:2018年2月下旬(予定)

最新ニュース