レンゴー/タイ段ボール関連会社の株式を取得

2018年02月01日 

レンゴーは2月1日、タイの合弁会社タイ・コンテナーズ・グループ社が、バンコク近郊のサムサコーン県に位置する同社段ボール子会社であるダイナ・パックス社、オリエント・コンテナーズ社の株式の25%を個人株主より取得したと発表した。

両社はタイ・コンテナーズ・グループ社の100%子会社となる。

ゼネラル・パッケージング・インダストリー(GPI)を掲げるレンゴーグループでは、海外事業をコア事業のひとつと位置づけており、中でも、タイをはじめ東南アジアでの段ボール事業は重要な戦略事業として、今後とも供給体制の一層の充実を図っていくとしている。

■タイ・コンテナーズ・グループ社 概要
住所:1 Siam Cement Rd., Bangsue, Bangkok 10800, Thailand
株主:レンゴー30%、SCGパッケージング社70%
事業内容:段ボールおよび紙器、軟包装製品の製造・販売

■ダイナ・パックス社 概要
住所:297/2 Moo 2 Soi Wiroonrat, Setthakit Rd.,
Aom-Noi, Kratumban, Samutsakorn 74130, Thailand
株主:タイ・コンテナーズ・グループ社100%
事業内容:段ボール製品の製造・販売

■オリエント・コンテナーズ社 概要
住所:12/5, 12/8 Moo 8 Soi Liabklongchonpratan-suansom, Phraram 2 Rd.,
Bankoh, Samutsakorn 74000, Thailand
株主:タイ・コンテナーズ・グループ社100%
事業内容:段ボール製品の製造・販売

最新ニュース

物流用語集