カンダHD/4~12月の売上高3.5%増、営業利益18.5%増

2018年02月01日 

カンダホールディングスが2月1日に発表した2018年3月期第3四半期の業績は、売上高308億4100万円(前年同期比3.5%増)、営業利益16億6500万円(18.5%増)、経常利益16億4800万円(16.6%増)、当期利益10億2000万円(23.9%増)となった。

国内部門は、主力業務の物流センター業務代行、流通加工業務に注力し新規顧客の獲得に向け努力した。

引き続き全ての不採算の営業所等を黒字化すべく「業績改善運動」に全社的に取り組んできた。2017年8月には、「働きやすい職場作り」の観点から、岩槻物流センターに事業所内保育所「ラビット保育園」を開園した。

国際部門は、ペガサスグローバルエクスプレスとニュースターラインを核として業務拡大に努めた。2017年5月に連結子会社のPT.Pegasus Global Express Indonesiaが、国際海上貨物に強みを持つPT.JAPAINDO INTERTRANS PRIMAを吸収合併し、新体制による営業を開始した。

通期は、売上高408億円(4.2%増)、営業利益19億円(17.2%増)、経常利益18億7000万円(9.2%増)、当期利益11億2000万円(14.8%増)の見通し。

最新ニュース