SCREEN/90億円投じ、彦根事業所内に新工場建設

2018年02月01日 

SCREENホールディングスは2月1日、半導体製造装置の生産能力増強を図るため、彦根事業所内に新工場を建設すると発表した。

<新工場の完成イメージ>
新工場の完成イメージ

新工場の竣工は今年12月を予定している。

SCREENは、収益性向上を目指して継続的に実施してきた「生産革新プロジェクト」の一環として、生産体制の刷新と増強を図ることを決定。半導体機器事業の生産工場としては、2006年の「Fab.FC-2(ファブ・エフシーツー)」以来の工場建設となる。

総工費90億円規模の大型投資の中核となる新工場は、免震構造を採用しBCPおよびBCMの体制を強化するとともに、機能的な物流システムと大型立体自動倉庫の導入によって生産効率を追求。

省人化とリードタイムの短縮を実現する。新工場稼働後の生産能力は従来比150%となり、好況が続くと見込まれるデバイスメーカーへの、長期にわたる製造装置の安定供給が可能になる。

なお、「生産革新プロジェクト」は、半導体機器事業を担うグループ会社であるSCREENセミコンダクターソリューションズが、同事業の収益性のさらなる向上を目指して物流・組み立ての効率化を図り、業界最高水準の生産システムを構築するプロジェクト。

最新ニュース