ヤマトHD/4~12月の売上高4.8%増、営業利益44.7%減

2018年01月30日 

ヤマトホールディングスが1月30日に発表した2018年3月期第3四半期の業績は、売上高1兆1717億7500万円(前年同期比4.8%増)、営業利益321億3100万円(44.7%減)、経常利益323億7800万円(44.4%減)、当期利益174億2900万円(51.2%減)となった。

デリバリー事業の売上高は9217億9200万円(3.9%増)、営業利益は96億9600万円(73.2%減)となった。

宅急便取扱数量が伸率4.5%減と減少したものの、プライシングの適正化により宅急便単価が上昇し増収となった。営業利益は「働き方改革」の推進などにより費用が増加する中で、回復基調となった。

BIZ-ロジ事業の売上高はEC事業者向けの既存サービスが好調であったことなどにより894億7900万円となり、前年同期に比べ13.6%増加した。利益面では、海外引越しなどの一部サービスで委託コストが増加したことなどにより30億5700万円となり、前年同期に比べ6.5%減少した。

ホームコンビニエンス事業の売上高は「らくらく家財宅急便」や、「快適生活サポートサービス」の取扱いが好調に推移したことに加え、スポット案件の獲得などにより353億4400万円となり、前年同期に比べ2.4%増加した。利益面では、前年同期に比べ1億6300万円改善したが、3億円の営業損失となった。

e-ビジネス事業の売上高は「Web出荷コントロールサービス」の取扱い拡大や、「e-オンデマンドソリューション事業」で、顧客の利用が拡大したことなどにより351億6800万円となり、前年同期に比べ4.1%増加した。営業利益は83億8200万円となり、前年同期に比べ15.1%増加した。

通期は、売上高1兆5300億円(4.3%増)、営業利益310億円(11.1%減)、経常利益310億円(11.1%減)、当期利益145億円(19.7%減)を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集