日通/インドネシアのスマラン市に物流センター開設

2018年01月30日 

日本通運は1月30日、インドネシア現地法人のNEXロジスティクスインドネシアが、中部ジャワ州の州都スマラン市に、「スマランロジスティクスセンター」を開設、2月1日より営業を開始すると発表した。

<倉庫外観>
倉庫外観

<スマランロジスティクスセンターのスタッフ>
スマランロジスティクスセンターのスタッフ

スマラン市は、中部ジャワ州の北岸に位置する商業都市で、首都ジャカルタやインドネシア第2の都市スラバヤと比べて労働力が確保しやすいことから、多くのグローバル企業をはじめ日系企業も20社以上進出している。

同市内北部にはタンジュンウマス国際港、また西のジャカルタから東のスラバヤまでの幹線道路上に位置し、利便性の良さから中部ジャワエリアの販売拠点として注目されている。今後も多くの企業の進出により、販売物流のニーズが見込まれるという。

■新倉庫の概要
名称 :NEXロジスティクスインドネシア スマランロジスティクスセンター
住所:Kawasan Industri Candi Jalan Gatot Subroto Blok C3 No.8
Semarang Jawa Tengah 50181 Indonesia
TEL:+62-24ー7643―4032
敷地面積:4480m2
倉庫面積:3108m2(事務所スペース含む)
主要設備:高床ホーム、24時間警備、倉庫内監視カメラ、倉庫内無線LAN環境

最新ニュース

物流用語集