トッパン・フォームズ/複数のICタグ一括読み取りゲート型リーダー発売

2018年01月30日 

トッパン・フォームズは1月30日、ゲートを1~2秒通すだけで箱を開封せずに複数の物品に取り付けられたICタグを一括で読み取り、入出庫時の検品作業などを効率化する「ゲート型RFIDリーダー」をマスプロ電工と共同開発し、販売を開始した。

<ゲート型RFIDリーダー>
ゲート型RFIDリーダー

<概要図>
概要図

ゲート型RFIDリーダーはトンネル形状の金属筐体に高指向性アンテナから放射される電波を特定エリア内に閉じ込めることで電波漏れを抑制し、ゲート内を通過する複数のICタグの高精度な読み取りを実現。

従来バーコードを1点ずつ読み取り行っていた入出庫作業や検品作業に伴う個体管理の省人化に貢献する。

特長は、電波を強くしても特定エリアのみを読み取り可能。ゲート内にある複数のICタグを一括で確実に読み取り、検品作業を効率化できる。小型化により省スペースを実現。また軽量のため設置するラインの変更などへの対応も容易だ。

アンテナとリーダーが一体化したため、従来のゲートリーダーのような設置工事が不要になり、導入時のコスト削減が可能。調整用ハンドルを回すだけでアンテナ位置の調整が簡単にでき、物品のサイズ変更などに対応可能なため、専門的なスキルがなくとも読み取り性能の調整ができる。

物流の現場では、RFIDシステムの活用が広がらない理由の一つとして、対象となるICタグだけでなく、離れた場所にある別のICタグを読んでしまう「誤読」の問題があった。

物品に取り付けられた一つひとつのICタグを確実に読み取り、個体管理をする必要がある物流業界では、この「誤読」がRFID導入の大きな障壁となっていた。この課題を解決するため、特定エリア内のICタグのみを確実に読み取ることで個体管理が可能な「ゲート型RFIDリーダー」を開発したもの。

トッパンフォームズはゲート型RFIDリーダーをアパレルや医療材料などの出荷・検品作業が行われる物流現場やレンタル品の入出庫作業が行われる現場などへの導入を促進し、物流現場のIoT化に貢献していくとしている。トッパンフォームズは、使用するICタグやシステムを含め、ゲート型RFIDリーダー関連で2020年度までに12億円の売り上げを目指す。

■製品
品名:ゲート型RFIDリーダー
外形寸法:730(W)×1010(D)×625(H)mm
内径寸法:503(W)×488(H)mm
重量:約43㎏
R/W:IMPINU製 型番:IPJ-REV-R420-JP2
アンテナ数:3
電波法:920MHz帯RFID構内無線局用無線設備

最新ニュース

物流用語集