楽天、西友/ネットスーパー専用の配送センター設置

2018年01月26日 

楽天とウォルマート・ストアーズ・インク(以下:ウォルマート社)は1月26日、日本と米国における戦略的提携を発表し、2018年度第3四半期(7~9月)に、日本におけるネットスーパー事業の協働運営を開始する。

楽天とウォルマート社の日本子会社である西友は、日本においてネットスーパー事業「楽天西友ネットスーパー」を協働運営することを目的に、新会社を設立することで基本合意した。

新サービスの提供開始は、2018年度第3四半期(7~9月)を予定している。

楽天と西友は両社の強みを活かし、配送能力の拡大、品揃えの拡充、利便性の強化を行う。

配送は、西友の実店舗からの配送に加え、2018年内にネットスーパー専用の配送センターを設け、配送件数を大幅に拡大する。

品揃えは、西友の強みである「質」と「低価格」の両方を実現した商品を提供し、生鮮食品や日用品だけでなく、昨今の時短ニーズに対応したカット野菜や半調理食品、ミールキットなどの簡便商品の品揃えを拡充するとともに、楽天ならではのお取り寄せグルメも揃える。

楽天の三木谷 浩史代表取締役会長兼社長は「楽天とウォルマートは、世界有数のEコマースと小売りのリーディングカンパニーとして、革新的なサービスの提供を通じて、世界中のお客様の生活をより豊かにするために独自のマーケットを築いてきました。ウォルマート社との提携により、お客様により満足いただけるようなお得なサービスをお届けできるようになることを、心より嬉しく思います」と述べている。

ウォルマート社の最高経営責任者であるダグ・マクミロンは「楽天は、Eコマースにおける圧倒的な優位性を築いています。日本のEコマースを牽引する楽天との提携に大変期待しています。ウォルマートは、日本を含むすべてのマーケットにおいて、実店舗やオンライン、モバイルを含む様々なチャネルで最高のお買い物体験を提供し、お客様の毎日をもっと便利にするために、常に新しい施策に取り組んでいます。日本におけるネットスーパー事業の展開と米国における電子書籍サービスの提供をとても楽しみにしています」と語っている。

 

最新ニュース