バンコク東急百貨店、ヤマトグループ/日本の農水産品販売店をオープン

2018年01月24日 

タイでバンコク東急百貨店パラダイスパーク店を運営するPT Retail Corporation Limitedと、ライヴス、メディエーター、ヤマトグローバルロジスティクスジャパン(YGL)は1月24日、輸出入手続きから、各種輸配送、現地販売までをトータルで提供する「47Fresh From JAPAN」を、バンコク東急百貨店パラダイスパーク店に本格オープンしたと発表した。

<サービス概要図>
サービス概要図

4社が各々持つ機能を連携させ、商品の調達から日本・タイ間の輸出入と配送、販売場所の提供、実店舗での販売までをトータルで提供することで、日本の生産者が容易にタイ・バンコクに輸出し販路を拡大できるサービスを提供する。

PT Retailは、販売スペースの提供、ライヴスは日本国内商品の買取業務、輸出業務、マーケティング業務。メディエーターはタイでの店舗設営・運営・販売業務、輸入業務、日本産品プロモーションを行う。

YGL(ヤマトグループ)は、日本・タイにおける輸送業務、商品提案(連携協定を締結している各都道府県や取引先の生産者などと連携する。

サービス利用によるメリットとして、日本の生産者はライヴスへの国内販売取引のみでタイでの販売が可能となる。商品について、タイ国内でのテストマーケティング(嗜好調査)が可能となる。

タイの消費者は、日本からの産地直送の「旬」な食品を自国の販売店で新鮮なまま入手することができる。

現在は果物を中心に販売していますが、今後は魚介類や加工食品に広げて、日本全国の産品を取りそろえる商品展開を目指す。

ヤマトグループのタイでの宅急便ネットワーク(SCG Yamato Express)を活用し、ECで注文を受けた商品をタイの消費者に直接届ける等、販路の多様化を検討していくとしている。

最新ニュース