日本郵船/ベルギーの完成車ターミナルで風力発電

2018年01月23日 

日本郵船は1月23日、ベルギー・ゼーブリュージュ港湾局と電気・ガス事業者であるEngie Electrabel社とともにゼーブリュージュ港の完成車ターミナルに風力発電機を設置すると発表した。

<ゼーブリュージュ港>
ゼーブリュージュ港

風力発電機は、子会社のInternational Car Operators N.V.が保有・運営するターミナルに最大11基設置され、2019年半ば頃から稼働する予定。

<ICOの完成車ターミナル(ゼーブリュージュ港)>
ICOの完成車ターミナル(ゼーブリュージュ港)

<風力発電機の参考写真>
風力発電機の参考写真

ターミナルの運営に支障を来たすことなく効率的な発電を行い、再生可能エネルギーの活用を積極的に進めるベルギーの政策にも沿う。

既に、完成車ターミナルにおいて、太陽光発電パネルの設置、港湾用LED照明の導入や、洗車用水の100%再利用など、環境に配慮した運営を実施しており、風力発電を取り入れることで、「グリーンターミナル」を実現する。

最新ニュース

物流用語集