Packcity Japan/横浜高速鉄道へのオープン型宅配便ロッカー設置

2018年01月22日 

Packcity Japanは1月22日、オープン型宅配便ロッカー「PUDOステーション」を横浜高速鉄道の駅に設置、運用開始すると発表した。

設置場所は、みなとみらい駅(運用開始予定日1月27日)、日本大通り駅(1月26日)、元町・中華街駅(1月25日)で、利用可能時間は始発から終電まで。

利用可能宅配事業者はヤマト運輸。今後、利用可能宅配会社を順次追加予定。

なお、Packcity Japanの展開する「PUDOステーション」は、2017年12月末現在、全国約2000か所に設置している。今後もより便利で快適なサービスを展開するとともに、鉄道駅などの公共の場所に加え、コンビニエンスストア、スーパーなどの店舗、駐車場、商業施設、小売店など、受け取られる顧客にとって便利な場所への設置を進め、2018年3月までに約3000か所以上への導入を目指している。

関連キーワード:

最新ニュース