マツダ/221億円投じ、タイのエンジン機械加工工場開所

2018年01月19日 

マツダは1月19日、タイ王国チョンブリ県にあるパワートレイン生産拠点「マツダパワートレインマニュファクチャリング(タイランド) Co., Ltd.」(MPMT)のエンジン機械加工工場が開所したと発表した。

<MPMTエンジン工場エントランス外観>
MPMTエンジン工場エントランス外観

マツダは、タイでの車両・エンジン・トランスミッションの一貫した現地生産体制のさらなる拡充を図るため、新たに221億円を投じて、エンジン機械加工工場の新設とエンジン組立工場での生産ラインの能力増強などを実施し、MPMTにおけるエンジンの年間生産能力を3万基から10万基に拡大する。

また今後、ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」の量産を開始するとともに、同エンジンを従来の出荷先であるタイに加え、マレーシアとベトナムにあるマツダ車生産拠点に輸出する計画。

最新ニュース