三井造船/フィリピン・マニラ向け港湾荷役用クレーン16基を受注

2018年01月19日 

三井造船は1月19日、フィリピンのInternational Container Terminal Services(ICTSI 社)より、ヤード用トランスファークレーン16基を受注したと発表した。

<Hybrid型ヤード用トランスファークレーン>
Hybrid型ヤード用トランスファークレーン

ICTSI社はフィリピン最大の港湾オペレーターであり、フィリピン国内のみならず、世界約20か国で約30ターミナルを運営する世界的な港湾オペレーター。

受注した16基は、同社のフラッグシップターミナルであるフィリピン・マニラに位置するManila International Container Terminal に納入する。

このクレーンは、環境に優しいHybrid 型ヤード用トランスファークレーンであり、従来のエンジン駆動に加えリチウムイオン電池を搭載。

今まで抵抗器で熱として消費していた回生エネルギーを蓄積し最大限に再利用することで、従来型比で最大60%の燃料消費量削減を達成し、CO2排出量も最大60%削減する。

CO2 排出量の削減のみならず、省燃費によるランニングコストおよび最大20dB の騒音低減を実現し、顧客にも優しい製品となっている。

最新ニュース