GLP/吹田市と「GLP吹田」で災害時の協力に関する協定を締結

2018年01月18日 

グローバル・ロジスティック・プロパティーズ(GLP)は1月18日、大阪府吹田市の「GLP吹田」に入居するアスクルと共に、大阪府吹田市と災害発生時の支援協力に関する協定を締結した。

<GLP吹田の外観>
GLP吹田の外観

<左からアスクル・岩田社長、GLP・帖佐社長、後藤・吹田市長(右)による協定締結式>
左からアスクル・岩田社長、GLP・帖佐社長、後藤・吹田市長(右)による協定締結式

アスクルは「ASKUL Value Center関西」として「GLP吹田」を利用している。

「GLP吹田」は2017年8月に竣工した地上4階建て、延床面積16万5235m2の規模で建設された先進的物流施設でダブルランプウェイや中央車路を備えている。

免震構造やバックアップ電源、太陽光パネルでの発電電力の災害時一部利用など、さまざまな事業継続に対する取り組みを行っている。

今回の協定締結は「GLP吹田」が市街地に立地することやトラックの各階への直接アクセス可能なため物資の搬入出に最適な上、堅牢な構造であることなどから3者間で合意したもの。

具体的には、吹田市は「GLP吹田」を災害時に市外等から搬入される救援物資の集積、荷捌き、搬出等の輸送拠点として利用する。

GLPの帖佐義之社長は、「GLPでは、企業にとって不可欠となっている災害時の事業継続を可能とするため、万全なBCP装備を各施設で取り入れている。

今後も社会のインフラを担う一企業市民として、GLPの物流施設が地域の災害対策、地域コミュニティの安心・安全に貢献できるように邁進していく」と述べている。

この協定はGLPの特定目的会社である「吹田ロジスティック特定目的会社」を通じて締結された。

なお、GLPでは、「GLP大阪II」「GLP横浜」「GLP鳴尾浜」「GLP川島」「GLP厚木II」において自治体と災害時における協定を締結しており、「GLP横浜」では年に1回避難訓練を行うなど地域との連携を図っている。

最新ニュース