JR貨物/2017年度第3四半期の輸送動向、コンテナは1.5%増

2018年01月18日 

JR貨物は1月18日、2017年度第3四半期の輸送動向を発表した。

第3四半期は、10月の台風21号接近、12月の東海道線輸送障害、東北・北海道地区での強風の影響等により、全体で高速貨403本、専貨18本が運休した(前年同期間は、高速貨155本、専貨6本が運休)。

9月の台風18号の接近以来、不通となっていた日豊線は、12月18日に運転再開し、復旧までの間トラックによる代行輸送を実施した。

コンテナは、積合せ貨物がドライバー不足を背景に東海・九州地区間等の中長距離帯での利用が増加した。自動車部品は10月中旬以降に関東・九州地区間での荷量減があったものの、東海地区発が好調だった。

また、エコ関連物資では建設発生土が堅調に推移したほか、食料工業品ではビール・菓子が順調に推移し、さらに化学薬品も前年を上回った。

一方、紙・パルプが印刷紙・コート紙の需要減少に伴い、大幅な減送となった。化学工業品が日豊線不通の影響等により、前年を下回り、家電・情報機器も低調な発送となった。

その結果、コンテナ全体では前年比1.5%増となった。

車扱は、石油が10月以降に新規利用が開始したことや配送圏の見直しに伴い鉄道へのシフトが進んだことから、好調に推移した。一方、セメント・石灰石は需要減少等により低調となった。

その結果、車扱全体では前年比3.8%増となった。

コンテナ・車扱の合計では、前年比2.2%増となった。

最新ニュース