Maersk、IBM/ブロックチェーンを適用するグローバルな合弁会社を設立

2018年01月17日 

コンテナ輸送を行うA.P.Moller-MaerskとIBMは1月17日、合弁会社を設立し、ブロックチェーン技術を利用した国際貿易を遂行するため、より効率的で安全な方法を提供すると発表した。

合弁会社の目的は、国際貿易をデジタル化するプラットフォームを共同で開発し、提供すること。このプラットフォームは、オープン・スタンダードに基づき、グローバルな海運エコシステム全体で利用できるよう設計する。

国境や商圏を超える商品の移動をより容易にし、透明性を高めてほしいというニーズに対処するとしている。

ブロックチェーン技術の特性は、異種のパートナーによる大規模なネットワークに最適。分散型台帳技術であるブロックチェーンは、ネットワーク内で実行されるトランザクションすべてを、改ざん不可能な共有の記録として確立し、権限を持つ関係者が信頼性のあるデータにリアルタイムでアクセスできるようにする。

国際貿易のプロセスをデジタル化するテクノロジーを適用することにより、新しい形式の指図や承認を情報のフローに導入することが可能になり、多数の貿易パートナーが、詳細情報やプライバシー、機密性を損なうことなく、トランザクションを共有する単一のビューを協力して確立できるようになる。

新しいプラットフォームを強化するためにブロックチェーン技術を利用すると共に、人工知能(AI)、IoT、アナリティクスを含む、クラウド・ベースのオープン・ソース技術を利用する。

これらの技術は、IBM Servicesを通じて提供され、各企業が国境を越えて商品を輸送し、デジタルで追跡できるようにすることを目的としている。

製造業者、海運会社、貨物運送業者、港湾ターミナル事業者、税関当局、そして最終的には消費者も、これらの新しいテクノロジーの恩恵を全面的に受けることができる。

なお、IBMとMaerskは、新しいブロックチェーンとクラウド・ベースのテクノロジーを構築するために、2016年6月にコラボレーションを開始した。

それ以降、DuPont、Dow Chemical、Tetra Pak、Port Houston、Rotterdam Port Community System Portbase、オランダの関税庁、米国の税関国境警備局などの複数の組織が、このプラットフォームを試験的に導入した。

この合弁会社によって、IBMとMaerskは、より広範なグローバル企業に対してソリューションを商品化し、拡張することができるようになる。多くのグローバル企業はその機能に対してすでに関心を示しており、この新しいプラットフォームを活用する方法を模索している。

このようなグローバル企業には、運営している複雑なサプライ・チェーンの合理化を求めているGeneral Motors、Procter and Gambleや、通関手続きの仲介を含む顧客サービスの改善を求めている貨物運送業者および物流企業のAgility Logisticsなどがある。

最新ニュース