双日プラネット/ベトナムで包装資材製造事業に参入、南部に工場新設

2018年01月17日 

双日プラネットは1月16日、ベトナムの大手合成樹脂加工メーカーであるランドン・プラスティック社(RDP社)の子会社ランドン・ロンアン・プラスティック社(RLP社)に資本参加し、ベトナムで包装資材製造事業に参入すると発表した。

<RLP社ロンアン工場>
RLP社ロンアン工場

RLP社は双日プラネットの出資を受けてベトナム南部のロンアン省に工場を新設、各種フィルムの印刷やラミネート・製袋加工による包装資材の製造、合成皮革とそれらを使った加工品など幅広い製品の製造を実施する。工場の総投資額は約36億円、稼働は今年3月を見込んでいる。

近年、ベトナムではスーパーマーケットやコンビニエンスストアといった小売業態が発達しつつあり、食品用途の包装資材市場は毎年約10%~15%の規模で拡大している。

今後、コールドチェーンの発達や経済成長と共に、レジ袋等の汎用品から、水蒸気やガスバリア機能の付与等、付加価値の高い包装資材の普及が見込まれる。このような新たな需要を取り込み、RLP社では5年後までに売上100億円を目指す。

■RDPの概要
会社名:Rang Dong Plastic Joint Stock Company(ホーチミン証券取引所上場)
設立:1960年
本社所在地:ベトナム社会主義共和国 ホーチミン市
株主:Ho Duc Lam64.15%、その他35.85%
事業内容:包装資材、合成皮革、その他プラスチック製品製造

■RLPの概要
会社名:Rang Dong Long An Plastic Joint Stock Company
設立:2015年10月
本社所在地:ベトナム社会主義共和国 ロンアン省
株主:RDP65.0%、双日プラネット20.0%、その他15.0%
事業内容:包装資材、合成皮革、その他プラスチック製品製造

最新ニュース