奥村組/除染土のうの輸送システム「インフォクロス」に新機能追加

2018年01月17日 

奥村組は1月17日、膨大な数の除染土のうの輸送統合管理システム「インフォクロス」に、「VR技術を活用した運転手教育機能」と「事例データベース活用機能」を新たに追加して、試験運用を開始したと発表した。

<輸送統合管理システム「インフォクロス」概要図>
輸送統合管理システム「インフォクロス」概要図

<VR技術を活用した輸送ルート確認演習の様子>
VR技術を活用した輸送ルート確認演習の様子

インフォクロスは、除染で取り除いた土や放射性物質に汚染された廃棄物を保管した大型土のう袋を指定の中間貯蔵施設へ安全かつ高効率に輸送するために開発された。

除染土のう、運搬車両、作業者等の位置や数、放射線量といった各種情報を漏れなくリアルタイムに取得・集約して情報の一元化を図り、これらの情報を迅速かつ適切に処理することにより、輸送に関する日常管理業務の効率化を実現し、各運行ルートの交通状況の変化等を加味した最適な輸送順序と運行ルートを選定することができるシステム。

今回、「VR技術を活用した運転手教育機能」と「事例データベース活用機能」を新たに追加した。

インフォクロスに取り込んだ運行ルート周辺の映像情報と教育カリキュラムをベースに、運転手が仮想現実(VR:バーチャルリアリティ)空間で、未経験ルートの運行や実体験が許されない重大事故などを体験学習できる。

運転手個々の学習効果や特性を把握・分析して教育カリキュラムに反映させることができるため、個人の特性に応じた効果的な教育が可能となる。

事例データベース活用機能では、過去のトラブル対応事例や、環境省のHPに公表されている中間貯蔵事業に関する車両運行上のトラブル対応事例をデータベース化し、天候や運行ルート、渋滞などの情報と連携させることで、輸送の安全管理に必要となる情報を自動的に抽出することができる。

抽出した情報を、管理者や各運転手と作業員等に適切なタイミングで提示することにより、車両運行に係るトラブルの未然防止が期待できる。

最新ニュース