JMU/次世代省エネ型VLCCを引き渡し

2018年01月16日 

ジャパンマリンユナイテッド(JMU)は1月16日、熊本県玉名郡長洲町の有明事業所で建造していた、FRONT EMPIRE向けVLCC “FRONT EMPIRE(フロント エンパイア)”を引き渡した。

<FRONT EMPIRE(フロント エンパイア)>
FRONT EMPIRE(フロント エンパイア)

スポットトレード向け最適船型として累計35隻以上の建造実績を誇る200万バレル型VLCCの系譜を受け継ぎ、最新規則を適用しつつ燃費性能の大幅向上を目指して開発された、次世代省エネ船「Gシリーズ」の VLCC。

VLCCとしてはコンパクトな船型ながら、浅喫水時の載貨重量最大化を追求し、マラッカ海峡通峡を含む東西トレードに対応できるフレキシビリティーを持っている。

■主要目
主要寸法:全長 330.00mx幅60.00mx深さ29.35mx 喫水21.58m
載貨重量:30万3120トン
総トン数:15万6391
主機関:MAN B&W 7G80ME-C9.2 ディーゼル機関1基
航海速力:15.8ノット
定員:28名
船級:ABS
船籍:マーシャル諸島

最新ニュース