ZMP/宅配ロボットCarriRo Deliveryの量産に向けた戦略的パートナー募集

2018年01月16日 

ZMPは1月16日、歩道走行を目指す宅配ロボットCarriRo Deliveryの量産に向けた戦略的パートナーの募集を開始すると発表した。

<宅配ロボットCarriRo Delivery>
宅配ロボットCarriRo Delivery

量産前モデル(2018年秋リリース予定)によるサービス実証実験に向けて、戦略的ビジネスパートナーの募集を開始したもの。

スーパー、コンビニエンスストア、ドラッグストア、クリーニング、飲料メーカー、自動販売機メーカー、飲食店など、配達員の人手不足で課題を抱える事業者とともに実証実験を行い、サービス開始に向けた課題の抽出や有効性について検証を行う。

なお、1業種につき1社との実証実験を想定している。ロボットの製品化・サービス開始に向けて、昨年、「銀のさら」を展開するライドオンエクスプレスと寿司デリバリーサービスに関する実証実験を開始、森ビルと六本木ヒルズを舞台とした実証実験を開始、日本郵便が実施した配送ロボットの物流分野への活用に向けた実証実験に、実験用ロボットを提供している。

最新ニュース