JMU/構造アレストで実現したメガコンテナ船、ものづくり日本大賞受賞

2018年01月15日 

ジャパンマリンユナイテッド(JMU)は1月15日、第7回ものづくり日本大賞の製品・技術開発部門にて「構造アレストで実現したメガコンテナ船」が内閣総理大臣賞を受賞したと発表した。

<世界最大の構造アレスト技術を適用した1万4000TEUコンテナ船>
世界最大の構造アレスト技術を適用した1万4000TEUコンテナ船

「第6回ものづくり日本大賞」の「ものづくりを支える高度な技能」部門で内閣総理大臣賞を受賞しており、二回連続の受賞となる。

受賞したのは、「革新的構造・施工技術「構造アレスト」で実現した安全・環境性能に優れるメガコンテナ船」。

コンテナ船は急速に大型化が進み、それに合わせて鋼板の厚肉化や高強度化、高アレスト性能(亀裂伝播停止性能)が求められている。そこでJMUは、JFEスチールおよびIHI と共同で、溶接構造体である船体の特徴を活用した革新的な「構造アレスト」技術(世界初)を開発した。

開発した構造アレスト技術は、溶接・設計を含めた新しい構造により、船体のアレスト性能を向上させる技術。また、この技術に適用可能な高強度極厚鋼板、および鋼板の極厚化による溶接工数増加を抑制できる、画期的な高能率溶接技術を併せて開発することで、船体の大型化、貨物積載量増加、および船体の軽量化による燃費改善を可能とした。これらの技術開発により、安全・環境性能に優れる世界一のメガコンテナ船を開発した。

■受賞者
ジャパン マリンユナイテッド 商船事業本部 商船企画部 豊田 昌信
ジャパン マリンユナイテッド 技術研究所 木治 昇
ジャパン マリンユナイテッド 商船事業本部 呉事業所 造船部 鶴田 健二
JFE スチール 技術企画部 長谷 和邦
JFE スチール スチール研究所 接合・強度研究部 半田 恒久
JFE スチール スチール研究所 大井 健次
IHI技術開発本部 生産技術センター 溶接技術部 猪瀬 幸太郎

最新ニュース