三菱商事都市開発/神奈川県座間市に1.8万m2の物流施設竣工

2018年01月15日 

三菱商事都市開発は1月15日、神奈川県座間市に高い利便性を兼ね備えた物流施設「MCUD座間」を竣工した。

<MCUD座間パース>
MCUD座間パース

<アクセスマップ>
アクセスマップ

施設は首都圏西部エリアに近接し、省エネ性・可変性・快適性にも配慮した、1社での専用利用に適した物流施設としている。

立地は、神奈川県内の幹線道路である国道246号から約3km、首都圏の環状線である国道16号から約6kmと幹線道路へのアクセスも良好で、60分以内で神奈川県のほぼ全エリアがカバー可能。

首都圏西部の人口集積地に近接しているため労働力確保の観点からも競争力を有している。

建物は、ブレースのないラーメン構造。4階は最大45m×19mの無柱空間を実現した。全館LED照明の採用、垂直搬送機の増設対応が可能なほか、女性トイレにパウダールームを設置するなど、アメニティの充実も図っている。

今後も、首都圏を中心に、利便性の高い物流施設のネットワーク構築を目指し、三菱商事グループで長年培った物流施設開発・運営のノウハウ、またグループが持つ情報力を最大限活用し、テナントや投資家のニーズに即した優良な物流施設を不動産マーケットに提供していくとしている。

■竣工物件概要
MCUD座間
所在地 :神奈川県座間市広野台2-6-35
敷地面積:9130m2
延床面積:1万8200m2
建物構造:鉄骨造4階建
交通  :東名高速道路横浜町田ICより7km
     圏央道県央厚木ICより8km
     小田急小田原線相武台前駅より1.9km
設計施工:長谷工コーポレーション
竣工日 :2018年1月15日
テナント:募集中

最新ニュース