SBS即配サポート/東京都の「事業ごみ受付センター」社会実験に参加

2018年01月15日 

SBS即配サポートの環境事業部は1月15日、エコスタッフ・ジャパンが実施する、Web 版「事業ごみ受付センター」の社会実験に、参加すると発表した。

参加するのは、2017年度東京都環境局での「持続可能な資源利用」に向けたモデル事業に、エコスタッフ・ジャパン社が公募提案し採用された社会実験。

都市部での廃棄物処理の効率化と環境負荷の低減を目的に開設する Web 版「事業ごみ受付センター」にて、SBS即配サポート含め、19社の廃棄物処理事業者が連携しながら廃棄物処理やリサイクル作業を行う。

今回の試みでは、1つのプラットフォームを通じてあらゆる廃棄物処理を受け付け、排出事業者の事務手続きを電子化したり、処理車両を効率的に運用し、渋滞緩和や二酸化炭素発生量の削減を目指す。

なお、什器・電化製品類から化学薬品類に至るまで、事業ごみの処理には、幅広い領域で高い専門性が求められる。事務所移転や閉鎖などでは、企業の担当者が同時並行で複数の事業者との委託交渉、事務手続き、作業管理などを行わなければならず、大きな負担となる。

また、個別の処理ごとに違う車両が関わることから、都市の交通環境にも負荷が高いことが社会的な課題になっている。

■東京都モデル事業「Web 版「事業ごみ受付センター」社会実験 概要
実施期間:受付期間 2018年1月10日~2月2日
回収期間:2018年1月15日~2月9日
対象:東京23区内の事業所
対象廃棄物:使用済みの什器類等の粗大ごみ、廃家電製品、機密書類、その他各種廃棄物
受付:専用サイト「事業ごみ受付センター」へアクセスして申込み。
http://smartearthsite.japaneast.cloudapp.azure.com/tokyo23/index.html
賛同会社:有明興業、市川環境エンジニアリング、SBS即配サポート、木下フレンド、品川運輸、白井エコセンター、太陽油化、東亜オイル興業所、中商、那須興産、日盛運輸、日本サニテイション、ハチオウ、比留間運送、フロンティア、増渕商店、ヨシヤコーポレーション、メジャーヴィーナス・ジャパン東京エコファクトリー、リーテム
サイト運営:エコスタッフ・ジャパン

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集