帝国データバンク/「運輸・倉庫」の景況感、過去最高を更新

2018年01月12日 

帝国データバンクは1月12日、「TDB景気動向調査」(2017年12月調査)の結果を発表した。

「運輸・倉庫」は(52.5)と前月比1.8 ポイント増。6か月連続で改善。軽油価格が年間最高値となるなど燃料価格の上昇は続いたが、年末の繁忙期に入り物流量が大きく増加したことなどを受け過去最高を更新した。

ドライバーや車両の不足から運賃の値上げ交渉が進んだ貨物自動車運送のほか、利用運送や運送取次の景況感も改善。半導体関連などの輸出用貨物や大型再開発など建設受注の増加を受けた港湾運送・内航船舶貸渡のほか、消費マインドの持ち直しや年末需要を追い風に乗用旅客自動車運送も改善した。

企業の声では、現在について、「年末を迎え、顧客企業から出荷される貨物数量が増加しており、かつ運賃料金の値上げ効果も出てきている(一般貨物自動車運送)」「大型車が大幅に不足して運賃は通常価格の3倍近くまで上昇し、この状態は年末頃まで続く(一般貨物自動車運送)」「特に輸出貨物が増え、港湾倉庫の貨物保管量が増加(一般貨物自動車運送)」など。

先行きについては、「今後も未交渉の顧客には、人手不足により価格交渉で単価の見直しを図ることができるとみている(一般貨物自動車運送)」「圏央道の開通とIC建設で、開発が進んできているため(一般貨物自動車運送)」「労働コストの上昇や物流倉庫の新設などから、需要を上回る供給力発生の懸念がある(普通倉庫)」など。

なお、全業種では、2017年12月の景気DIは前月比0.9 ポイント増の50.9となり、2002年の調査開始以来の過去最高(2014年3月、51.0)に迫る水準まで上向いてきた。

製造業の好調に年末需要も加わり、景況感の改善が業界・規模間で広がるなど、国内景気は拡大した。今後は、国内外の企業向け税制改革なども寄与し、輸出や設備投資など企業部門がけん引して拡大基調で推移すると見込まれる。

最新ニュース

物流用語集