三井造船/ベトナム・ラックフェン港向け港湾荷役クレーン30基を受注

2018年01月12日 

三井造船は1月12日、ベトナムのHaiphong International Container Terminal Company Limited(HICT社)より、ラックフェン港向けコンテナクレーン30基(岸壁用ガントリークレーン6基、ヤード用トランスファークレーン24基)を受注したと発表した。

<ラックフェン港向けコンテナクレーンと同型のクレーン>
ラックフェン港向けコンテナクレーンと同型のクレーン

クレーンは、日越両国による官民連携プロジェクトとして建設が進められているラックフェン港に納入され、2019年頃の完工を予定している。

受注したコンテナ用岸壁クレーンは、ベトナム国内最大のサイズであり、世界最大級のコンテナ船荷役に対応したクレーン。

ヤード用トランスファークレーンは、24基全てがケーブルリール式電動クレーンとなり、従来型クレーンに比べて大幅に燃料を削減できる環境配慮型クレーンとなっている。

三井造船はコンテナクレーン分野において60年にわたって実績を積み上げてきた。

これまでに300基以上のコンテナ用岸壁クレーンと1200基以上のヤード用トランスファークレーンを世界中に納入。その品質・高荷役効率のクレーンは世界中で高く評価されているという。

最新ニュース