東部ネットワーク/物流システムの相互利用などで上野興産と業務提携

2018年01月11日 

東部ネットワークは1月11日、横浜市の上野興産との間で、業務提携に関する基本合意書を締結したと発表した。

上野グループは、1869年の創業以来140年以上にわたり、産業や市民生活に欠くことのできない石油製品、ケミカル製品の輸送・貯蔵・販売、ソーラー事業、海洋環境事業に従事しており、石油、ケミカル製品等の陸上輸送を行う上野輸送をはじめとした38社で構成している。

上野興産は、上野グループの戦略機能、事務サポート機能を担うホールディングカンパニー。

東部ネットワークと上野興産は、お互いの得意分野や営業拠点並びに人的資産を生かして事業の拡大・充実化を進め、相互の企業価値および株主価値の向上を図っていくことを目的とし、業務提携に関する基本合意書を締結したもの。

業務提携の内容は、「施設・車両・人員・営業情報の共有」「燃料・購買品の共同購入、給油設備の共同利用」「物流システムの相互利用、共同開発」「新規プロジェクトにおける共同開拓」。

■提携先の概要
名称:上野興産
所在地:神奈川県横浜市中区山下町46
事業内容:上野グループ各社の経営管理のコンサルティング業務
資本金:5000万円
設立年月日:1963年8月1日
決算期:3月
売上高:802億3100万円(2017年3月期)

最新ニュース