マツダ、トヨタ/米国アラバマ州に合弁新工場を建設

2018年01月11日 

マツダとトヨタ自動車は1月11日、2017年8月に発表した米国での合弁新工場を、アラバマ州ハンツビル(Huntsville)市に建設すると発表した。

新工場の生産能力は年間30万台を予定し、マツダ・トヨタ向けの各生産ラインで、マツダが北米市場に新導入するクロスオーバーモデルとトヨタの「カローラ」を15万台ずつ生産する。

新工場は、トヨタのアラバマ工場(Toyota Motor Manufacturing, Alabama)から約20km離れた場所にある、ハンツビル市の敷地に建設する。

2021年の稼働開始に向けて、両社折半出資で約16億米ドルを投資する計画。新工場の雇用人数は約4000名を予定している。

マツダは、創立101年目、米国販売51年目となる節目の2021年に、この工場を立ち上げ、アメリカに根付いて生産・販売を本格化させる。

トヨタにとっては、合弁新工場は米国で11か所目の生産拠点となり、昨年に発表した「2017年以降の5年間における100億米ドルの投資」に加えて、米国への継続的なコミットメントを象徴する投資になる。

アラバマ州は、ハンツビル市にある、約1400名の従業員が働くトヨタのエンジン工場を含めて自動車関連工場が多く存在するなど、米国で5番目に大きな自動車生産量を誇る州。同州では、自動車メーカーに加えて、150を超える1次および2次仕入先を含め、約5.7万人の自動車関連雇用が生み出されている。

最新ニュース