郵船ロジ/インドネシアで倉庫業務に係るハラル認証を取得

2018年01月11日 

郵船ロジスティクスは1月11日、インドネシア法人で倉庫業務を担うPT.Yusen Logistics Solutions Ibdonesia(YS-ID)が、インドネシアの ハラル認証機関であるインドネシア・ウラマー評議会 食料・薬品・化粧品研究所(LPPOM-MUI)から倉庫業務のハラル認証を昨年11月に取得したと発表した。

<ハラル対応自社倉庫(YS-ID 第1倉庫)>
ラル対応自社倉庫(YS-ID 第1倉庫)

<ハラル対応自社倉庫(YS-ID 第2倉庫)>
ハラル対応自社倉庫(YS-ID 第2倉庫)

日系物流企業による倉庫業務の同認証取得は初めてになる。先に認証取得済の海上・航空フォワーディングと組み合わせ、インドネシア国内で一貫したハラル物流サービスの提供が可能になった。

認証取得した範囲は、YS-IDがジャカルタ近郊のMM2100工業団地内に所有する第1、第2倉庫での保管・仕分け・発送などの各種ロジスティクスサービスが対象。倉庫内にハラル商品を扱う専用スペースを設け、取扱方法のトレーニングを受けたスタッフがハラル認証の手順に沿ってオペレーションを行う。

インドネシア法人で海上・航空フォワーディング事業を担う、PT. Yusen Logistics Indonesia(YL-ID)は昨年8月にジャカルタ港及び空港発着の海上・航空フォワーディングでのハラル認証を日系物流企業で初めて取得している。

今回の倉庫業務の認証取得により、例えばジャカルタ空港で輸入したハラル製品を、YS-IDの倉庫で在庫管理し、顧客の発注に合わせて納品するといったインドネシア国内への一連のサプライチェーンをハラル認証の下でサービス提供できる体制が整った。

郵船ロジスティクスは2015年4月にマレーシアで運送業務と倉庫業務に求められるハラル認証を日系物流企業で初めて同時取得し、昨年4月にはタイ・レムチャバン倉庫で同認証を国内物流企業で初取得するなど、アジア域内でハラル物流サービスを展開してきた。

インドネシア国内で一貫ハラル物流サービスを展開できる唯一の日系物流会社として、今後もムスリムの人々に安心して商品を使ってもらえるグローバルなハラル物流を展開していく。

最新ニュース