阪急阪神エクスプレス/成田でアパレル系物流センターの業務開始

2018年01月10日 

阪急阪神エクスプレスは1月10日、成田空港近隣の成田カーゴセンターで、チトセの物流センター業務を受注し、1月9日よりオペレーションを開始したと発表した。

<成田カーゴセンター外観>
成田カーゴセンター外観

<棚入前検品作業の様子>
棚入前検品作業の様子

取扱商品はブランド系の医療用ユニフォーム、複数倉庫での取扱いを成田カーゴセンター内1320m2のスペースに統合し、入庫から検品、検針、保管、出荷まで独自の運用ノウハウ(阪急阪神スタンダード)と、WMS(倉庫管理システム)で、月間20万点に及ぶ商品を効率的に管理する。

成田カーゴセンターでは、自動車部品・補用品のパーツセンター、医療機器製造業登録の下での医療機器センターを運営しており、これらに加えてアパレルの取扱いを第3の柱として展開し、顧客の多様な物流ニーズに高品質なサービスで応えるとしている。

<開所式の様子>
開所式の様子

<ロジスティクス事業部の小高 毅ロジスティクス事業推進課長>
ロジスティクス事業部の小高 毅ロジスティクス事業推進課長

担当したロジスティクス事業部の小高 毅ロジスティクス事業推進課長は「この物流センター業務は、私がミャンマーに駐在していた際の顧客からの紹介でスタートした。新商品の取扱い開始に当り倉庫スペースの拡張を計画しており、これに対し、宮城県内の物流センターと外部委託倉庫の2か所で行っていたオペレーションを当社の成田カーゴセンターに統合することを提案。細かい工数計算や倉庫レイアウトのデザイン、保管機材の選定などを通じてコストダウンを実現するとともに、作業面でも工夫を加え、従前は出荷の都度行っていた検針作業を棚入れ時に切り換え、棚在庫(保管在庫)は全て良品とすることで作業効率の改善を図った。また、倉庫仕様も空調、防塵床に加えて、遮光窓を使用し紫外線による商品の劣化を防いでいる」と話した。

最新ニュース