メルセデス・ベンツ日本/新車整備会社、上組に株式譲渡

2018年01月09日 

メルセデス・ベンツ日本は1月9日、エムビー・サービス日本(MBSJ)を設立し、茨城県日立市で実施している新車整備事業を新会社に承継したと発表した。

また、同日付でMBSJの株式の66.6%を上組に譲渡した。

MBJは1992年に日立市に新車整備センターを設立し、メルセデス・ベンツ、スマートの新車整備及び関連事業をおこなってきた。

センターは厳しい品質水準を満たす整備や法的な完成検査を実施する重要な拠点で、現在、国内でのメルセデス・ベンツおよびスマートの約6割を担当している。

今後の環境変化に迅速に対応し、更に効率的な運営を目指して、全体プロセスやリソースの最適化を検討の結果、この事業を分割し新会社化することになったもの。

また、上組の豊富な経験や創造的なアイディアをこの事業のオペレーションに取り入れることで、更なる機能拡充が図れると考えている。

■新会社 概要
商号:エムビー・サービス日本
資本金:3億100万円
所在地:茨城県日立市大和田町880
事業内容:メルセデス・ベンツおよびスマート車の新車整備および関連事業
従業員数:42名(2018年1月9日時点)
出資構成:上組66.6%、メルセデス・ベンツ日本33.4%

最新ニュース