三井海洋開発ほか/ブラジル沖合セピア鉱区向けFPSO傭船事業5社で推進

2018年01月09日 

三井海洋開発、三井物産、商船三井、丸紅、三井造船の5社は1月9日、三井海洋開発が推進しているブラジル沖合セピア鉱区向けFPSO1基の長期傭船事業に対して三井物産、商船三井、丸紅、三井造船が出資することに合意し、関連諸契約を締結した。

合意は、三井海洋開発が設立済のオランダ法人Sepia MV30 B.V. (MV30社)に三井物産、商船三井、丸紅、三井造船が出資参画し、5社でこの案件を共同推進するもの。MV30社は、ブラジル国営石油会社であるPetroleo Brasileiro S.A.(ペトロブラス)と2017年10月13日に21年間の長期傭船契約を締結済み。

案件は、三井海洋開発、三井物産、商船三井、丸紅、三井造船が5社共同で取り組む4件目のブラジル向けFPSO傭船事業となる。

FPSOとは、Floating Production, Storage & Offloading System:浮体式海洋石油・ガス貯蔵積出設備のこと。

最新ニュース

物流用語集