ヤマトHD/関西ゲートウェイに見学コースをオープン

2018年01月09日 

ヤマトホールディングスは1月9日、2017年10月より開所した関西ゲートウェイ内に「関西ゲートウェイ見学コース」を2月1日オープンすると発表した。

見学コースでは、ヤマトグループの歴史や宅急便の仕組み、またグループ全体で推進する「バリュー・ネットワーキング」構想の内容などを、実際に「見て」「聞いて」「触って」「体験して」もらうためのアトラクションを用意している。

<エントランス>
エントランス

ヤマトグループと宅急便の成長を支えてきた多くの人々に、ヤマトグループと宅急便サービスの進化の歴史を紹介し、感謝の気持ちを伝える「100YHANKS」を展示している。

<見学者ホール>
見学者ホール

見学者ホールでは、1976年の宅急便開始以降、スキー宅急便やクール宅急便など顧客の生活スタイルを変えてきた宅急便に込めた想いや仕組み、そしてヤマトグループが2019年の創業100周年に向けて描くビジョンについて、映像を通して、紹介する。

物流が生み出す社会的な価値について、映像や知識を深める引き出しで紹介する。

<見学者コリドー>
見学者コリドー

見学者コリドーでは、実際の荷物がベルトコンベア上を流れ、仕分けされていく様子を目の前で見ることができる。

最新の物流機器やヤマトグループが進める「バリュー・ネットワーキング」構想により提供する新たな付加価値を紹介する。

オープンにあたり、1月9日より見学コースWebサイトでの一般見学申し込みの受付を開始する。

■概要
住所:大阪府茨木市松下町3-1
JR茨木駅より阪急バス乗車約10分、中央図書館前降車徒歩5分
阪急茨木市駅より阪急バス乗車約13分、中央図書館前降車徒歩5分
見学日時:10:00~17:30(詳細は下記Webサイトを参照)
※休館日:毎週月曜日(祝日の場合は営業)、年末年始、お盆期間
所要時間・定員:約80分/回 30人/回
料金:無料
予約受付:2018年1月9日(火)
対応言語:日本語、英語、中国語

■見学コースWebサイト
http://www.yamato-hd.co.jp/gateway/visitortour.html

最新ニュース

物流用語集