郵船ロジ/成田発バンコク向け緊急&エコノミーサービス開始

2017年12月21日 

郵船ロジスティクスは12月21日、タイ・ドンムアン空港を活用した、成田発バンコク向け緊急&エコノミー配送サービスの販売を開始したと発表した。

バンコク近郊向けにより早く、低価格で輸送したい顧客のニーズに応える。

郵船ロジスティクスがこれまでタイ向けに航空貨物を輸送する際は、主にスワナプーム空港を利用していたが、空港からの貨物引き取りに時間を要したり、バンコク市内での大型トラックの運行規制で配送時間が制限されるなどの課題があった。

確実に緊急輸送対応できるルート構築が望まれる状況下、ドンムアン空港を活用した緊急配送サービスの提供を開始した。

同時に輸送コスト削減を目指す顧客の要望に応えるために、品質を保った低価格のエコノミーサービスの販売も開始した。

ドンムアン空港は近年LCC航空会社の路線拡充により貨物取扱量は増加傾向にあるものの、スワナプーム空港に比べて貨物取扱量が少ないことから、空港内での作業はスムーズに行われている。

緊急サービスは、郵船ロジスティクスの成田ロジスティクスセンターへ14時までに搬入した貨物を、同日夜成田発、翌日早朝ドンムアン着のフライトに搭載する。

ドンムアン空港到着後、輸入通関を午前中に完了し、道路運行規制の影響を受けることなく、バンコク市内と近郊の届け先に配送する。

同空港はスワナプーム空港より北部に位置しているため、アユタヤ近郊へ配送する際は、リードタイム及びコスト面でのメリットも見込まれる。

ドンムアン空港を活用し、最速3日で届けるエコノミーサービスも用意した。航空運賃を低価格に抑えた同サービスでは、バンコク北部に限らず顧客のトータル物流コスト削減に貢献するなど、緊急サービスと共に豊富なラインアップで顧客のさまざまな要望に応じたサービス提供が可能となる。

タイ法人のYusen Logistics(Thailand)は、今年7月にドンムアン空港事務所を開設し、自社オペレーションを開始している。

空港到着から配送するまで自社による一貫サービスが提供可能となり、貨物の状況確認やトラック積み込み時の立ち合いなど、緊急貨物等にきめ細やかに対応する。

最新ニュース