東邦チタニウム/福岡県北九州市にニッケル粉新工場を竣工

2017年12月19日 

東邦チタニウムは12月19日、福岡県北九州市若松区の若松工場内に建設を進めてきたニッケル粉新工場が完成したと発表した。

<ニッケル粉新工場 外観>
ニッケル粉新工場 外観

今後は、新工場の早期・円滑な生産立上げを図り、茅ヶ崎工場内の既存工場と合わせた2拠点でのニッケル粉安定供給体制確立に努めていくとしている。

なお、ニッケル粉は、積層セラミックコンデンサの内部電極材料として使用されるものであり、電子機器の高機能化、IoT、自動車電装化の進展等によるMLCC の需要拡大に伴いニッケル粉の需要も増加している。

■ニッケル粉新工場の概要
所在地:福岡県北九州市若松区響町1-62-1 若松工場内
生産能力:30t/月(茅ヶ崎工場(生産能力 60t/月)と合わせた生産能力は 90t/月)
設備投資額:約30億円

最新ニュース