東京倉庫/千葉県習志野市で3.4万m2の物流施設を着工

2017年12月18日 

東京都競馬のグループ会社として倉庫賃貸事業を営む東京倉庫は12月18日、千葉県習志野市で開発を進めている物流施設「新習志野茜浜地区倉庫(仮称)」を12月1日に着工したと発表した。

<完成イメージ>
完成イメージ

建設地は東関東自動車道谷津船橋・湾岸習志野、京葉道路花輪・幕張の各ICから15分圏内にあり、東京方面・千葉方面双方へのアクセスに優れている。

竣工までには外環道 高谷JCT(仮称)も開通する (2018年3月予定)ことから、埼玉方面へのアクセスも便利になる。

JR新習志野駅南口より徒歩3分と物流施設としては稀有な駅近で利便性の高い環境に位置し、安定した雇用の確保も見込めるエリアとなっている。

テナントは現在募集中で、シービーアールイー (CBRE)の監修により、坪井工業の設計・施工のもと、2018年末の竣工を目途に建設を進めていく。

■新習志野茜浜地区倉庫(仮称)の概要
所在地(地番):千葉県習志野市茜浜2-19-49・50号
敷地面積:約1万7179m2
延床面積:約3万4180m2
規格 天井高:梁下有効5.5m
耐床荷量:1.5t/m2、5.0t/坪
その他:荷物用エレベーター(3.5t)6基、乗用エレベーター(15 人乗)2基
各階事務室 空調設備完備、 BCP:非常用発電機(長時間対応)
照明:全館LED 照明、最大4区画での分割賃貸可能(応相談)
https://www.cbre-propertysearch.jp/stndaln/pdf/property/id/ShinnarashinoPJ_201712.pdf

■問い合わせ
シービーアールイー
インダストリアル営業本部 中村
TEL:03-5288-9830

最新ニュース

物流用語集